主催企画
第7回総会と合同講演会のご案内

講演会講師:小林武沖縄大学客員教授

総会は、午後1時30分から



 東海放送人九条の会は11月11日(日)に第7回総会と、記念講演として愛知大学九条の会と共催して「本土の問題としての沖縄 〜 沖縄に移り住んだヤマトンチュウの視点から 〜」と題した合同講演会を行います。
 講師はあいち九条の会代表世話人で、沖縄大学客員教授の小林武さんです。  総会、講演会とも場所は愛知大学 車道校舎 新館803教室です



第7回総会は 午後1時30分から



キンモクセイ

 東海放送人九条の会第7回総会は11月11日(日)、午後1時30分から、愛知大学 車道校舎 新館803教室で開催します。
 自民党総裁選で安倍晋三氏が選出されました。安倍氏は早くも次の首相に返り咲いたつもりで、「強い日本を作る」「尖閣諸島は海上保安庁だけでなく海上自衛隊も派遣して守る。1センチたりとも譲らない」と述べ、国家主義的な主張を強めています。
 政権交代後の国民の期待を裏切り続けている民主党に代わって自民党が第1党になるだろうと云われています。しかし、民自公に嫌気をさして新しい政治を求める声も拡がっています。選挙結果では、自公政権が復活するか、あるいは自民公の大連立政権が誕生する可能性があります。いずれにしても、憲法9条にとって好ましくない政治状況が拡大するおそれが強まっています。このような情勢を踏まえ、この1年間の活動を総括し、新しい飛躍を求めて、活発な意見交換を行いたいものです。みなさまの積極的なご参加をこころからお待ちしております。



第2部は、愛大九条の会と合同で講演会

「本土の問題としての沖縄」
〜 沖縄に移り住んだヤマトンチュウの視点から 〜


 また、第2部として「6周年記念講演会」を愛知大学九条の会と合同で開催します。今年の講師は、あいち九条の会の代表世話人で、沖縄大学客員教授の小林武さんです。 講演会のイラスト  普天間、辺野古、嘉手納などの基地問題、オスプレイの普天間基地配備、高江のヘリパッド、尖閣諸島の領土紛争など、沖縄の闘いを現地で体験されている小林先生に、沖縄に対する本土の感覚のズレや、本土の私たちの対応、マスコミの問題点などをお話して頂きます。
 小林教授は憲法学専攻。法学博士、弁護士でもあります。1941年京都市生まれ。南山大学法学部教授の後、愛知大学法科大学院教授を昨年3月に定年退職。
 その後沖縄に移住。沖縄大学の客員教授として、平和的生存権や沖縄憲法史を研究。また基地と人権の訴訟に取り組むことを課題とされています。

第7回総会議案書



東海放送人九条の会、
第7回総会

日 時

11月11日(日)
   午後1時30分 〜 2時30分

場 所

愛知大学 車道校舎
   新館 803教室



東海放送人九条の会、
愛知大学九条の会
   合同講演会

日 時

11月11日(日)
   午後3時 〜 4時45分

場 所

愛知大学 車道校舎
   新館 803教室

参加費

500円 (資料代)
    ただし、学生は無料

どなたでも参加出来ます

主 催
(共催)

東海放送人九条の会
愛知大学九条の会



愛大車道校舎案内図




総会「目次」に戻る








第7回総会議案書