主催企画
第8回総会と合同講演会のおしらせタイトル

講演会講師:長峯信彦 愛知大学教授

総会は、午後1時15分から



 東海放送人九条の会は11月4日(月・振休)に第8回総会と、記念講演として愛知大学九条の会と共催し「世界の平和と未来の礎 日本国憲法9条 〜 許されざる集団的自衛権行使の危険性 〜」と題した合同講演会を行います。
 講師は気鋭の憲法学者、長峯信彦愛知大学教授です。  総会、講演会とも場所は愛知大学 車道校舎 K803教室です



第8回総会は 午後1時15分から



ナナカマド

 東海放送人九条の会第8回総会は11月4日(月・振休)、午後1時15分から、愛知大学 車道校舎 K803教室で開催します。

 自民党安倍内閣の暴走が危険なところまで来ています。
 憲法9条「改正」のハードルを下げようと96条の改正をもくろみ、国民の反発が強まると集団的自衛権行使を解釈改憲で可能にしようとしています。
 そのため異常な人事異動で、内閣法制局長官を容認派の人物に替えています。また、私的諮問機関として、自分と同じ考えのメンバーをあつめて安保法制懇を立ち上げ、この報告を利用して「国家安全保障基本法」を制定し、法律が憲法をひっくり返すとんでもないやり方で集団的自衛権を行使できるように画策しています。
 日本版「国家安全保障会議」を設置し、首相権限を強化する。特別秘密保護法を制定して主権者国民の知らないところで軍国化をすすめる。
 憲法9条にとって好ましくない政治状況が拡大しつつあります。
 このような情勢を踏まえ、この1年間の活動を総括し、新しい飛躍を求めて、活発な意見交換を行いたいものです。みなさまの積極的なご参加をこころからお待ちしております。



第2部は、愛大九条の会と合同で講演会

「世界の平和と未来の礎 日本国憲法9条」
〜 許されざる集団的自衛権行使の危険性 〜


 また、第2部として「7周年記念講演会」を愛知大学九条の会と合同で開催します。今年の講師は愛知大学の長峯信彦教授におねがいしました。長峯先生にはこれまで、「改憲論のトリックを斬る」、「心の自由と平和憲法 〜君が代強制と私たちの人権と平和〜」 と二度講演をおねがいしてきました。今回は3回目です。

講演会のイラスト  集団的自衛権とは何でしょう。
 国連憲章 51条に、独立国家の権利として集団的自衛権を書き込ませたのは冷戦下のアメリカでした。軍事同盟を維持するためです。実際にそれが発動されたのは、アメリカのベトナム戦争、旧ソ連のチェコスロバキア侵略、アフガニスタン侵略、アメリカによるアフガン攻撃などです。すべて大国による軍事侵略です。アメリカの場合はでっち上げてでも自衛と云う理由を作りましたが、ソ連ではそれもありません。
 湾岸戦争時の2000年にアメリカから、「アーミテージ報告」で「日本も集団的自衛権を採用しろ」という要求が突きつけられました。それから自民党が集団的自衛権行使を言い出したのです。
 しかし、これらの戦争は「自衛」とはまったく関係なく、大国による意に添わない小国への侵略に他なりません。
 国連憲章が侵略戦争を非合法化した現在、国際関係において集団的自衛権は大国による世界支配の手段となっています。
 しかし、9条をもつ日本国憲法下で、この集団的自衛権が解釈改憲されて行使できるようになると9条が死にます。自衛隊のイラク派兵阻止訴訟で勝ち取った、「平和的生存権」も紙に書いた餅になってしまいます。
 今や、9条を守ることと集団的自衛権の解釈改憲を許さないことは一体です。
 長峯先生に世界の平和の礎としての日本国憲法9条の意義と、集団的自衛権が行使されたときの危険性について教えていただきます。


第8回総会議案書



東海放送人九条の会、
第8回総会

日 時

11月4日(月・振休)
   午後1時15分 〜 2時30分

場 所

愛知大学 車道校舎
   K803教室



東海放送人九条の会、
愛知大学九条の会
   合同講演会

日 時

11月4日(月・振休)
   午後3時 〜 4時45分

場 所

愛知大学 車道校舎
   K803教室

参加費

500円 (資料代)
    ただし、学生は無料

どなたでも参加出来ます

主 催
(共催)

東海放送人九条の会
愛知大学九条の会



愛大車道校舎案内図




総会「目次」に戻る