私の戦争体験 (その1)

CBC-OB   阿部富五郎



侵略で築いた満州国での敗戦体験


 中国に侵略して築いた国(満州)の崩壊を逃れて今日機会があって皆さんに私が体験した戦争の話をいたします。

ザゼンソウ  

  これは私だけの体験で私が感じたことです。
 日本本土に居られた多くの戦争被害体験と違い、日本が他国(中国)に侵略して築いた満州国での敗戦体験です。
 他国(中国)に侵略した占領国の民間人ですから、巻き込まれた苦難は大変なものでした。なにせ日本国同様に信じていた国(満州国)が無くなり、主人公から、中国に侵略した加害者と言う犯罪人に転落したのですから。
 私の家族は、父母と子供4人(男2女2)の6人が3人となりました。
 末弟は終戦直前奉天(瀋陽)で貧困な医療のため7歳で病死しました。次妹は引き上げ途中発病して、上陸した博多の病院に収容されました。
 博多からの引き揚げ病院列車は東京までしかなく、故郷の山形まで帰れません。やむなく東京で下車し東京国立大蔵病院に入院しました。妹は栄養失調による結核で死亡しました。15歳でした。
 村の日本軍守備隊がソ連軍により武装解除される際の混乱の中で、父は、暴漢に頭部をスコップで殴打され、金歯略奪の暴行を受けました、それがもとでか病身から再起できず、昭和23年(1948年)やっと念願の山形市の生家に辿り着きましたが、安心したのか、間もなく亡くなりました。

椿

 私達一家は、敗戦を機に起きた蒋介石国民党軍と毛沢東中国共産党軍の中国内戦に巻き込まれ、毛沢東軍の野戦病院の看護婦に妹2人が拉致されました。
 それを、兄妹3人が力を合わせて父母の元に戻ることが出来たのは、思えば奇跡でした。
 中国人から面白半分の小銃の的にされたり、身代金目当ての拉致にも遭いました。
 思い返せば、私が生きて今日あるのは不思議なくらいです。


満州で終戦を迎える


 私は昭和3年(1928年)生まれです。
  小さい時、確か昭和8年(1933年)に一家は満州国(中国東北部)に渡り、幼稚園・小学校・中学校に通い、そこで終戦(敗戦)を迎えました。当時満17歳になったばかりでした。
 それまでは、日本が中国に侵略したなぞ思いもよらぬことでした。ただ満州国があり、そこで生活している感覚でした。内地(日本)外地(満州)の違いがあるくらいの気持ちでした。
カタクリの花  しかし、五族協和を謳う満州国でありながら、日本人の中国人蔑視と中国人への暴行の数々を目にして、かねがね腑に落ちぬ思いをしていました。中学校の同級生の中に日本軍高官の子息が居り、端端に中国人に対する日本軍の暴行を伺わせる話題がありましたが、気に留めない毎日でした。
 当時住んでいた奉天(瀋陽)はB29の空襲が激しくなり、敗戦直前の春ごろ、そこから朝鮮側に(推定100km位)遠く離れた連山関に疎開し、終戦(敗戦)を迎えました。
 そこは、小学校夏季休暇休養地にされていた田舎の平和で小さな山村です。
 そこには日本軍の守備隊があり、若い男子軍属が航空機部品を製造していました。
 ソ連軍が一方的に侵攻してきた様子は新聞で知っても他人事の様な平和な日々でしたが、続々と日本軍の家族を満載した避難列車が朝鮮半島へ続く有様には、ただならぬ気配を感じました。しかし、その後に続く大混乱までは予想がつきませんでした。


小銃で撃たれる


 8 月1 5 日の敗戦を迎えました。主権は日本から中国に移りましたが山の中の小さな山村なので暫くは平和な日々でした。ある日、ソ連軍のトラックと毛沢東軍が日本軍守備隊の武装解除に来て大混乱になりました。ソ連兵の婦女暴行、腕時計をのみ狙った略奪(ソ連は貧しく腕時計一つで一生暮らせる)、武装解除部隊に同行してきた中国人暴徒達の略奪、地域中国人を対象とした共産主義の思想裁判、私達日本人は息を潜めて嵐が過ぎ去るのを待つばかりでした。
 略奪を受けた日本人は、日本占領軍の力を盾に、地元中国人から鉄道建設の枕木資材を悪辣な手段でただ同然で手に入れて巨利を得た人とのことでした。 その混乱の中で私は小銃の近距離狙撃を受けました。鉄道の向こうで日本人の若者が数人、銃声に追われてこちらに逃げてくる有様を見ていた時、すぐ近くの銃声に驚いてその方向を見ると、そばの人に振り払い揚げられた小銃を持った中国人がいました。どこを狙ってと見回しても、私しか居ません、良識ある中国人に私は命を助けられたのです。
 日本軍の武装解除による銃を渡された中国人が面白半部に私を撃ったのでしょう。
 武器を持つと人間が変わることを心から思い知らされた事件でした。
アセビ  尚この騒動で腹部に銃弾を受けた若い軍属の人が手当の方法も無く亡くなりました。
 村にある日本軍守備隊の幾許かの人たちがソ連に捕虜として連行されて去り、その後は平和な日になりました。その人達がシベリアに送られるなど思ってもいませんでした。
 多くの守備隊兵と軍属は、日本人住民の中に民間人として逃げ込みました。
 その後束の間の平和でしたが、村を取り巻く情勢は、北約十数km先に蒋介石国民党軍と毛沢東中国共産党軍との戦線があり、遠く砲声が聞こえる戦線後方地帯でした。
 然し治安は驚くほど良い状態でした。
 後で体験した蒋介石国民党軍とは比べようにもなく毛沢東中国共産党八路軍は軍規厳正な軍隊でした。
 婦女暴行はしない。略奪はしない。勇敢な世界一の軍隊であったと、私は日本に帰って初めて或る資料で知ったことでした。


二人の妹が野戦病院に連れ去られる


  戦争ですから死者や負傷者がでます。当然病院が要ります。
 私達の村に野戦病院が出来ました。強制的に日本人の子女が看護婦業務に着かされ、その父母の心配は大変なものでした。
 同じ村の中でしたから逃げてもまた捕まりますから逃げることも出来ません。
 幸い私の妹2人は疎開者なので、名簿漏れで逃れることができました。
 然し、徴用された身内の人からは随分白い目でみられました。
 病院の移動で遠く連れ去られることが最大の心配でした。地元の強みで、地元日本人従業員の手で野戦病院の随所に秘密の逃げ口がつくられました。
 恐れていた移動の日が来ました。徴用の日本人子女は全員逃亡することが出来、日本人子女の居ないまま野戦病院は推定約40km 遠くの地に移動して行きました。
 しかし、病院からは逃亡子女を拉致するための捜索隊が何度かきました。
福寿草  遂に私の妹2人は捕まり移動先に拉致されてしまいました。
 少女1人ならまだしも少女2人となると殆ど絶望的です。取りあえず私は妹2人を何としても取り戻すべく汽車(汽車は走っていました)に無賃乗車し、移動先の野戦病院に行きました。
 兄(17歳)妹ふたり(15、13歳)の3人で知恵を絞りました。
 作戦第1段階として下の妹を病人に仕立てました。療養のため兄が付き添い家に戻る許可をとり帰りました。 さて次はもう1人の妹です、同じ手は使えません。
 私は面会に来た父兄の立場です。病院が指定した近くの1軒の空家が宿舎でした、食事は看護婦をさせられている妹が係にうまく話をつけて病院から私の所に運びました。
 今度は私が病人を装い、妹は病院の周りの人々に兄の病気を吹聴しました。
 一軒家ですから誰にも会わずに居られます。何日かが過ぎました。ついに私の介護輸送に妹が付き添う事で帰宅する許可が降り、やっとの想いで妹2人を取り戻すことが出来ました。
 今にして思えば私が接した中国共産党軍の幹部の人は良識のある人々が多い軍隊で、また兵士の人々は人民開放の理想を信じる善良な人達でした。それで見逃して貰えたのではないかと思っています。
 余談ですが昨平成18年に偶然或る中国共産軍に参加した日本人の手記を読む機会がありました。その中に妹達が拉致された鶏冠山野戦病院の記事がありました。
 若しあの時に帰れなければ、この人のように何年間も中国の山野を何千キロも彷徨う身になる危ない所でした。


(次号へつづく)



小見出しは編集部がつけました。




関連記事

    注目  私の戦争体験 (その2)      阿部富五郎 <CBC-OB>
    注目  私の戦争体験 (その3)      阿部富五郎 <CBC-OB>



体験「目次」に戻る