この空気を汚す動きは許せない

SF-OB・浅倉敬幸



  大事な人が戦争で死ぬこともない、
  美味しいものが食べられる、
  いろんな本が読め、いろんな映画も見え、どんな話でも出来る。
  いまの憲法のもとでは当たり前のことが、じつは素晴らしいことであることを知ったのは、戦争が終わってしばらくしてからでした。
ハナノキ   「満州事変」の年に、軍港都市の横須賀市で生まれた私は、中学2年の夏、勤労動員先の飛行機工場で敗戦を迎えました。
  親父や長兄が早く復員してくることを願いながら空腹を抱えバイトや「イモの買い出し」にかまけて「新憲法公布」はほとんど記憶に残っていません。
  ただ、下山事件や三鷹事件など何か変だなと色々考え始めていました。
  全面講和か単独講和かなどもさることながら、受験が最大のさし迫った関心事で、いわば憲法は当然あるべきものと思っていました。
  選挙権を持ってからは、3分の2の改憲問題がいつでも一番大きな選択肢で、「死票論」に悩みながらも革新に入れていました。
  戦争が終わった15歳の頃から60年、私にとって憲法は空気のようなもの。この空気を乱し汚す動き、変えようとする動きは、本当に許せません。



体験「目次」に戻る