軍隊に召集され特攻機の整備も

苦汁に満ちた過去

CBC楽団-OB   寺西玄之



  激動の昭和前期を生き延び、戦後62年、平和な日々を満喫してきました。あの思い出したくない苦汁に満ちた過去が、再び起きないことを願って、私の過ごした戦中の日々を振り返ってみたいと思います。



戦争の中で過ごした少年時代


  私は1923年、大正12年に愛知県一宮市で生まれました。 私が子どもの時から青春を軍隊で過ごすまでの主な事件を振り返ってみますと・・・。

* 1931年(昭和6年、8歳 小学校4年)満州事変が始まりました。
* 1932年(昭和7年、9歳、小学校5年)上海事件。この時は「肉弾三勇士」の話が軍人の鑑として宣伝されました。
* 1936年(昭和11年、13歳、中学3年)二・二六事件、盧溝橋事件(7月7日)。日中戦争に拡大。
* 1941年(昭和16年、18歳音楽大学)真珠湾攻撃(12月8日)。太平洋戦争に突入。
* 1944年(昭和19年、21歳)軍隊に召集され、名古屋市の歩兵第六連隊に入隊。後に5 2 戦隊という飛行部隊に整備兵として転属になる。特攻機の整備も担当する。同年1 2 月1 日見習士官に昇進。
* 1945年(昭和20年、22歳)8月6日米軍機、広島に原爆投下。同9日長崎にも投下。8月15日終戦(敗戦)。復員。



人権を無視された軍隊生活  (当時の日本陸軍)


  軍隊に召集されて、最初歩兵部隊に配属されました。その初年兵生活は無残なものでした。
  戦時ですから軍事訓練が厳しいことは当然ですが、訓練の最中に空砲の薬きょうが一つ無くなったという時は、夕食も食べさせてもらえずに何時間も暗闇の草原を捜さねばなりませんでした。
  その理由は、畏れ多くも天皇陛下から賜ったものを亡くすとは何事であるかというものでした。
  このようにあらゆる物が陛下から賜ったものであると言われました。
  武器だけではありません。衣服もふんどしを除いて全て陛下からの賜り物であると言われました。
見習士官時代の寺西さん   ひとたび洗濯をして干していたものが盗られると、誰かのものを盗みかえして「員数」を合せなければなりません。すると盗られた兵隊がまた別の兵隊のものを盗るという、終わりなき連鎖行為が始まるのです。
  初年兵時代の内務班の上官(下士官)による制裁は、野間ひろしの小説「真空地帯」で(のちに映画にもなった)つとに有名ですが、平手のビンタはもとより、帯革によるビンタ、革のスリッパによるビンタ等々限りがありません。
  下士官は初年兵の時に自分が受けた仕打ちをそっくり真似て部下をいたぶることに歪んだ喜びを感じていたのだと思います。
  軍隊とは、人権などなく、人間性を否定されるところでした。
  ですから、上官の仕打ちに対して「戦場では弾丸は前から飛んでくるとばかり思うなよ」と陰で言って溜飲を下げるという次第でした。


母が私を守ってくれた


  軍隊にとられても命を永らえて無事帰ってこられたのも、母が私を守ってくれたからだと思っています。
  母は、寺の住職の四男に生まれた私の「音楽学校へ行きたい」という望みを認めてくれて、入学を許してくれました。
  そのお蔭で、同期入隊の同じ初年兵教育をうけた、同じ内務班の60人中2人だけが、歩兵から航空隊に転属になり、整備兵の仕事に就きました。音楽家なら耳がいいだろうから、整備兵の仕事に向くだろうということだったようです。
  歩兵のままだったら、当時は既に近海までアメリカの軍艦が出没していましたから、戦地へ向かう途中にやられていたと思います。
  配属されたのは、帝都防衛を目的とした最新鋭の四式戦闘機を配備した茨城県の下館飛行場でした。
  その勤務の間に、東京・板橋の成増飛行場に、特攻に向かう四式戦闘機の整備に応援にも行きました。
  そこで出撃する特攻機も見送りました。
  戦況は悪化の一途を辿り、遂に沖縄も占領され、九州で決戦すべく下館の部隊も熊本の飛行場に転進することになりました。
  整備兵の私は本隊より一足先に熊本に派遣されましたが、下館からは飛行機が来ませんでした。下館にいる時から飛行機は掩蓋壕に入れられ、ほとんど飛び立つこともありませんでしたが、制空権をアメリカに握られ、熊本まで飛んで来られなかったのだろうと思います。
  そこで8月15日を迎え、8月19日に熊本を発ち、何一つ無い、静寂の廃墟と化した広島を通過して、母の待つ懐かしい我家へ帰りました。



特攻兵のこと


  部隊では、ひたすら整備の仕事をしていましたから、特攻機乗組員と直接の交流はありませんでした。
  しかし次々に出撃して行くことは知っていました。
  あす出撃という夜、隊員たちは酒を飲んでドンチャン騒ぎをしていました。 翌朝、私たちの整備した戦闘機は、両翼に燃料タンクを、胴体に200K爆弾をつけ、家族や戦友の千切れるような日の丸の旗に見送られて飛び立っていきました。
  その時は特攻攻撃の無謀なことに思いを致すこともできず、恥ずかしいことに、自分がやった整備のことで頭の中は一杯で、飛び立ってくれと祈るばかりでした。
  飛び立って行ったのは、真っ赤なマフラーをした童顔の若者ばかりでした。


* メモ「肉弾三勇士」

 上海事件で、中国軍が鉄条網から銃を撃ってくるため、前進を阻まれた日本軍が鉄条網の爆破を計画します。竹筒の先に爆薬を装備した破壊筒で鉄条網を爆破しようという作戦です。
 この任務への志願者を募集しましたが、応募者がなく、3人の工兵隊員が選ばれて鉄条網爆破に向い、生還に失敗して自爆しましたが、軍は決死の覚悟で志願し、身を挺して任務を果たしたと発表し、新聞などが「肉弾三勇士」として褒め称えました。



小見出しは編集部がつけました。



体験「目次」に戻る
















ミツマタ