僕の戦争体験

2008.10.18   CBC-OB ・ 鈴木澄男      



我が家に焼夷弾が飛び込む


   昭和20年初頭、僕は初等科2年生だった。
梅の花   浜松市で印刷業を営んでいた父は、まだ若いから事業経営よりもっと直接的なご奉公を、ということで、印刷機やモーターを鉄材として供出させられ、鷲津の中島飛行機製作所で徴用工として自宅から通勤で働いていた。
   2月25日の昼過ぎ、空襲のサイレンが鳴り、僕と妹と母が防空壕に駆け込んだとたん、入り口の前2メートルばかりの所でパーン!という大音響と共に焼夷弾が落ちて破裂した。
   中味が家の中に飛び込んで炎上したのを見て母が飛び出し、日頃の訓練よろしく奮闘して消し止め、ことなきを得た。 そこへ警防団の人が駆けつけ、残骸をすぐに憲兵隊に届けるようにと言った。
   母が、まだ警報が解除になっていないと言ったが、それでもすぐにというので、近所のお兄さんに頼んだ。お兄さんはまだ熱い六角形の殻とリボンの付いた蓋を抱えて走った。
   隣近所ではかなり広い範囲に焼夷弾が10本ばかり落ちたが、それぞれ消し止めて大事には至らなかったようだ。
  家の前は国民学校で、木造校舎にも1本落ちて、2階の屋根と天井、それに床を突き破り、1階の床に転がったがそれは不発だった。
梅の花   今考えるとこれは計画的な大空襲ではなく、通りがかりに複合型焼夷弾を1個、かなり高い所から「置き土産」に投下したのだと思える。
   その時僕は怖いとは全く思わず、日本軍の強さを信じていたので、浜松航空隊の戦闘機が追いかけてやっつけたに違いないと思っていた。
   そのことがあってすぐ、母の強い主張で、僕の一家は浜松の北15キロ程の父の里に疎開することになった。
   その後の6月18目、浜松は夜間の大空襲で壊滅的な被害を受け、記録によると1,700人もの人々が亡くなった。
   その空襲の様子は疎開先の畑で家族と見ていたが、日本側の反撃が全く無いことが腑に落ちなかった。
   翌日、父が親戚の消息を確かめるため浜松へ行き、3家族とも焼け出されたが全員無事だったことがわかった。
   そして浜松の我が家は裏庭で爆弾が破裂し、前の道路側に倒壊したこと、隣近所のあの人もこの人も大勢亡くなったと聞いて、僕は初めて疎開して命拾いをしたのだと思った。



グラマン 2機縦列で機銃掃射


   昭和20年6月、ボクは初等科3年生になっていた。
   鷲津の中島飛行機製作所は数回の爆撃で機能を失い、二俣線沿線に分散して洞窟の中に機械を据えた地下工場で生産することになった。
   父は掛川から山の手に少し入った原谷村に転任が決まって、ボクの一家は農家の納屋を借りて再疎開した。
トサミズキ   7月24日の昼なか、空襲警報のサイレンが鳴り、誰かの「飛行機が来たぞ!」という声で外に飛び出して見ると、ずんぐりしたグラマンが物凄いエンジンの唸りと共にダッ!ダッ!ダッ!ダッ!とこれまたすごい音で機銃掃射をしながら低空を飛んでいくのが見えた。
   少し後からもう1機がおなじコースを機銃掃射をしながら続いた。
   その先の川向うで、本体は見えないが列車の煙と蒸気が走っていくのが見えた。僕は「アッ!やられているな」と思いながら裏山の中腹にある防空壕に駆け上がって行くと、今度は反対方向から引き返したらしいグラマン2機が縦列で急降下して機銃掃射をし、去っていった。
   このときも全く怖さを感じず、日本の戦闘機が追いかけてやっつけたに違いないと思った。
   翌日学校では列車が襲われた話でもちきりだった。
   機関手と助手は蒸気を浴びて重体。乗客にも多くの被害が出たが、原谷駅で多くの人々に見送られたばかりの出征兵士が、大腿を撃ち抜かれて大出血して死亡したということだった。
   それを聞いて僕は何とも言いようのない、むなしさのような感じを持った。

   以上はボクのささやかな戦争体験です。ずっと後になって空襲を記録する会や掛川市の調査資料で日時や規模を確認したが、戦争で日本人の受けた被害の大きさを知り驚くと同時に、なんと恐ろしい時代だったかと改めて認識したことである。




体験「目次」に戻る