私の戦時・戦後体験記のタイトル


僕の戦争体験        < CBC−OB 鈴木澄男 >

2月25日の昼過ぎ、空襲のサイレンが鳴り、僕と妹と母が防空壕に駆け込んだとたん、入り口の前2メートルばかりの所でパーン!という大音響と共に……


戦争末期の記憶        < CBC−OB 井上鉄郎 >

B29が銀座方面から超低空を飛んできた。腹の弾倉を全開にして蓋をひらひらさせジュラルミンの機体を地上の炎でオレンジ色に輝かせながら、


私の戦後体験(その3)        < CBC−OB 阿部富五郎 >

今までは戦争の被害者体験ばかり多く語られました。大事なことは、日本国及び日本人が加害者であったことが殆ど語られなかったことです。


私の戦後体験(その2)        < CBC−OB 阿部富五郎 >

初夏のある日、村は慌しくなりました。あの戦線を越え蒋介石国民党軍の治下に行けば日本に帰れる。     そこで…


私の戦後体験(その1)        < CBC−OB 阿部富五郎 >

私達一家は、敗戦を機に起きた蒋介石国民党軍と毛沢東中国共産党軍の内戦に巻き込まれ、毛沢東軍の野戦病院の看護婦として妹2人が拉致されました。


苦汁に満ちた過去        < CBC楽団−OB 寺西玄之 >

あの思い出したくない苦汁に満ちた過去が、再び起きないことを願って、私の過ごした戦中の日々を振り返ってみたい


忘れられない戦争のころ        < CBC−OB 遠藤重夫 >

1945年(昭和20年)8月15日、朝からよく晴れ上がり蝉時雨がにぎやかだった。
父が庭に木の台を持ち出し、白い布をかけラジオを置いた。


平常心でいられない月、8月        < SF−OB 浅倉敬幸 >

8月になると、炎天下で聞いた変なイントネーションの放送だとか、戦争に負けた虚ろな思いなど、事態の進展に複雑な気持ちだったことを思い出す。


この空気を汚す動きは許せない        < SF−OB 浅倉敬幸 >

「満州事変」の年に、軍港都市の横須賀市で生まれた私は、中学2年の夏、勤労動員先の飛行機工場で敗戦を迎えた。













 私の戦時・戦後体験  
    を募集しています. 









東山動植物園のバラ

    DVD「田母神発言と15年戦
    争への道」「戦争とメディア」
    「メディアの憲法報道を問う」
        などの 紹介へ