東海放送人9条の会は

  平和を守る共同のなかま



 2004年6月、大江健三郎さん、井上ひさしさん、小田実さん(故人)、加藤周一さん(故人)ら9名が『9条の会』を結成し、「日本国憲法は、いま、大きな試練にさらされています」というアピールを発表しました。

人々の集まりイラスト

 私たち東海放送人9条の会はこの「9条アピール」に賛同し、東海地方の全ての放送関係者に参加と共同を呼びかけることを決めました。
 その後の取組みは、結成総会での愛知大学准教授・長峯信彦先生の記念講演を起こした小冊子「改憲論のトリックを斬る」の普及活動をはじめ、憲法関連の「放送番組やDVDを見る会」などの学習活動を行い、また、会報を発行するなど、多彩な活動につとめています。
 第2回総会では、放送記者出身で軍事ジャーナリストの前田哲男さんを招き「9条こそ日本の安全保障」というテーマで記念講演会を行いました。

 自衛隊は憲法に違反していると考える人から、自衛隊は必要だが改憲には反対という人まで、いろいろな人が一緒になって「憲法9条を護ろう」という一点で共同する運動が「9条の会」です。



紹介「目次」に戻る