日本の平和がおびやかされている

私たちの目指すもの



 参議院で与党は過半数を失いました。しかし、憲法「改正」をあきらめたわけではありません。
 すでに教育基本法が「改正」され、憲法改正の手続きを改憲派有利に定めた国民投票法も成立しています。あとは、憲法の「改正」を残すのみです。

トサミズキ

 日本国憲法は、主権が国民にあることを宣言し、基本的人権が尊重され、男女が平等で、そして、健康で文化的な生活を営む権利があると規定しています。これは世界各国の憲法と比べても遜色のない先進的な憲法です。 そして、憲法第9条の戦争放棄の規定は世界に誇れる規定です。「9条」にはヒロシマ・ナガサキを初め先の大戦でのおびただしい死者の平和への願いもこめられています。

 戦争放棄を宣言した平和憲法を投げ捨て、日本が軍隊を持つということは、「さぁ、戦争をするぞ」の意思表示です。あなたは、日本が戦争することに賛成ですか、反対ですか。

 憲法を決めるのは主権者としての国民の権利です。改憲を許さない声を国民の圧倒的多数にしましょう。



軍事力では平和をまもれない


 参議院選挙で歴史的敗北を喫した安倍前首相は、所信表面の後突然辞任するという説明の出来ない行動で首相の座を去りました。
 これで憲法改悪は当分なさそうだと安心したくなりますが、警戒心を解くのはまだ早そうです。代わって首相になった福田康夫氏も憲法改定では重要な役割を果たしてきた人物です。福田氏は自民党新憲法草案の9条部分に「自衛軍」と海外活動を書き込んだ起草責任者です。しかも、9条を、「もっとも重要であるべき自衛の概念が希薄」だと攻撃しています。
蘭の花   安倍前首相は靖国派といわれる軍国主義者のグループの中で重要な役割を果たして来ました。靖国派はいまでも自民党のなかに多数を擁しています。また、少数ですが民主党のなかでも活動しています。彼らはいつか改憲のチャンスが来ると機会をうかがっているのです。
 私たちは『9条こそ日本の安全保障』という立場で運動を進めています。軍事力を強化することはその国にとっては安全でも周辺諸国にとっては脅威です。しかも、世界最大の軍事大国アメリカと、日本は「軍事同盟」を結んでいます。9条改憲は軍拡競争、軍事大国への道です。

 

 すべての国が平和を享受する道は軍事力ではなく、アジアの地域に平和を共有する関係を作り上げることではないでしょうか。それが憲法9条の道です。




紹介「目次」に戻る